Worldias Chronicle(邦題:ツンデレ戦記)

株式会社トミーウォーカーのPBW『シルバーレイン』のキャラブログ。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謝罪と反省

とりあえず一言。申し訳ありませんでした。
皆様のお怒りやご指摘はもっともです。周りの方々に不快な思いをさせてしまいました。
言い訳は後ろに回させて貰うとして、迷惑をかけた以上不問では被害者の方々に失礼なので、処遇を告知します。

・該当の結社様を脱退。必要に応じお手紙を出すのを最後に、此方からの接触は断ちます。
・結社活動を1ヶ月ほど休止し、頭を冷やすと共に今後の方針を考えさせて頂きます。
・その後、不快な思いやその他の不適切な感情を相手様に与えた場合、引退します。

責任を取るとも言えるでしょうし、逃げるとも言えますが、今回の件は自分の脳裏に深く刻み込んで、深く反省したいと思います。
乱文の上、誠意が伝わるかどうかいささか不安ではございますが、重ねての謝罪と共に、ご納得頂ければ幸いです。
前の記事、不適切過ぎる表現があった事をお詫びします。
消すことも出来ますが、あえてこのままにしておき、醜い意思があった事を残しておこうと思います。

最後の二行で、ご連絡下さった方々、本当にありがとうございます。
言われないと分からない馬鹿ですが、どの位大変な事をしたか理解するのに時間はかかりませんでした。
ただ、『楽しんでる』に関して誤解を招く表現ですので、弁明だけ。
人を不快にして『楽しんでる』ワケではございません。
あくまで『喧嘩で嫌われるロール』の範囲内で楽しんでいたという表現です。

もちろんロールの範疇を越えたと理解している今、そんな事が言い訳になるとは思ってませんが。


あのような経緯になった理由についてです。
言い訳や、正当化などと叫ばれても、返す言葉もございませんが、不当な偏見を避けるため、ご了承下さい。

まず第一に、ジングルPC様への暴言ですが、これは100%こちらの落ち度です。
そもそも、どんな状況においても暴言は許されるものではない。理解を得てない人なら尚更です。
これは人によってラインが違うと思われますが、今までは私の中で「暴言ではない」ラインギリギリの所で言葉を選んでました。
ですが今回は、ジングルPL様のご理解の下で、「二人ドラマ」と錯覚してしまい、タガが外れてしまいました。
結果、常軌を逸した暴言が飛び交い、第三者様から見れば考えられないようなログになってしまいました。

次に、私の判断ミスがあります。
ジングルPC様とのやり取りも、前半はあそこまで険悪ではありませんでした。
私も、まさか喧嘩ロール(あえて『ロール』とします)に発展するとは思いませんでしたし、いつもの皮肉、軽口を交えた口調のつもりでした。いつもの口調が暴言と言われると反論出来ませんが…。
そして、私が対応した事の無い相手様の返答の雰囲気に、完全に判断を間違えました。
一度は話題を切ろうともしましたが、喧嘩ロールと謝罪ロールの二者択一に迫られた際、自ら作った場の雰囲気に呑まれ、前者を選択しました。
喧嘩ロールを容認ではなく、むしろ推奨しているんだろうという勝手な思い込みからそちらに突入しました。
その時点で、前述の通りドラマの中に入り込んでしまって、後は他者を省みる事無く暴走してしまった訳です。

最後に、本気で空気が読めてませんでした。
喧嘩ロールになった事は、実は初めてじゃないんです。何度かそれっぽい事になり、沈静化したり、そのままバトルロールへ突入したりしました。
それゆえ喧嘩になっても、一つのロールだろうと油断してました。ですが、それは結社様がこんなにも大きくなる前であり、気の知れた(と私は思っている)メンバーとの限られたロールでした。
ここまで大きくなると、当然あまり私の事をよく知らない人がいる。そう言う雰囲気が嫌いな人がいる。
そう考えて然るべきなのですが、見慣れたメンバーの発言しか無いため、以前通りで問題ないと断定したのが間違いでした。
そもそも、発言が無い≒不快に感じていると思うべきなので、以前の喧嘩ロールの際も、不快に感じている人がいたかもしれない。私の作った「空気」を不快に感じている事を表立って言わないだけかもしれない。
そう言う「空気」の読める人の存在とご容赦を踏みにじった私の断定は全くの裏目に出たのです。
古参だという驕りでしょうか。キャラロールで正当化してたのでしょうか。恐らくどちらともでしょう。
本当に空気が読めてなかったと反省しています。

何故此処まで言い訳に終始するかと言うと、設定やロールのせいにしたくないからです。
こういうキャラは難しいらしいです。実際に言葉を選ぶのが難しいに、行動はもっと難しい。
しかし、このような言動を排してしまうと、途端に世界は魅力やリアルを失います。
「クラスに一人はいる憎まれ口。何でも出来て偉そうだが、たまにミスるのが憎めない。」
残念ながら、私の実力では及ばず、ただの形容しがたい嫌われ者にしかなりませんでしたが。

こんなキャラも、適切に動けば素晴らしい魅力を持ちます。
私の凶行による偏見で、このような特徴を全て排斥したくなる気持ちは理解出来ますが、どうか踏み止まって下さい。

銀雨が好きで自PC、他PCが好きです。それゆえ、自分の力不足が原因でPCが嫌われるのが本当に辛いんです。

閲覧者様及び関係者様、稚拙な上、纏まりの無い文章を最後までありがとうございました。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://worldy.blog76.fc2.com/tb.php/55-d1d4e16f

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

キャラロールというのは難しいですね
漫画などのキャラは、作者の頭の中だけが世界の全てで、全ての人物の嗜好を作者が統括しているから「嫌な性格なのに皆に好かれている」というキャラが成立し得ます
ですが、現実(ネット内も含みます)では不可能です
嫌な性格の奴はまず嫌われます
貴方の目指した騎士は、少々難易度が高かったと思います

色々苦言も述べましたが、頑張って下さい

  • 10/06/2007
  • ♦-
  • URL
  • 編集 ]

貴様に騎士なんぞ務まらん。
恋人ともさっさと縁を切って
自分だけの世界に引きこもるがいい

  • 21/06/2007
  • ♦-
  • URL
  • 編集 ]
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。