Worldias Chronicle(邦題:ツンデレ戦記)

株式会社トミーウォーカーのPBW『シルバーレイン』のキャラブログ。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Re] Start out. Stand up. Stamp on Japp.

- 両親と姉が死んだ理由が「事故」?冗談じゃない。事故で一家を根絶やしにされてたまるかよ。

俺は決めた。日本へ行く。幸い、初歩的な日本語なら学校で習った。流石「エリート学校」だな。
ま、後は生活していくうちに習得すればいい。それに勉強なら、一人でも出来る。

問題は、この家の事だが…構わんだろう。地縁なら深い。ある程度の管理はしてくれるだろう。
簒奪したけりゃすればいい。ウィルウォードの価値は、財ではない。『血』だ。

ビザや各種手続き、申請はメイドさんに任せた。「私もお供します。」が条件だったが。
家から日本の口座に毎月生活費を振り込んで…まぁ、無茶をしなければ枯渇することはないだろう。

何だ、海外へ征くというのも、簡単なものだ。正当で周到な準備と、意志と覚悟さえあればな。

…おお!飛行機!何と言うパワーだ!最高にハイってヤツだぁぁッハハハ(ゴォォォォォ)
…チッキンに決まってるだろう! Fish Only?…アンタ、俺をナメてんのか?…
…窓を開けろ!風を!風を感じさせろぉぉ!(ガタガタガタ)(お客様!飛行機の窓は開きませんっ)




「ガイジン!ガイジンだ!」

「あいむソーリィ! ソーリイ!ソーリイ!」

「マジこれナニー?ガイジン?チョーウケるんだけどマジで!」

「ぬまら!アメ公じゃって調子んってんちゃーぞすったこらぁ!!」

……ここは、魔窟だ。



・・
・・・
・・・・あぁ、また、見えた。

あれ以来、羽虫のようなものを出せる。と言うか、使役出来るようになった。

強く思った時、どこからともなく現れる。そして、白、というより白金色に輝かせる事も出来る。

ただ、何でこんなものを使えるようになったのか、皆目見当もつかん。

あぁ、後、魔法…なのか?火…とか、電気…とかを出せるようにも…。

元々、俺は言葉遊びが好きだった。特に韻文をのせた詩の詠唱には凝ったな。

これがいわゆる『呪文』なんだろうか?何か知らんが。それをトリガーにして、おかしな物が出せるようになった。

人外?結構。平民に理解されようなどとは思わん。……人外と言えば。

幽霊?の類のモノをたまに見るようになった。と言っても、どう対処して良いか分からず、無害なので放置してるが。

……姉さんも出てこないかな。そうすれば…いや…関係ない。姉を汚すわけにはいかん。




「うぅらぁぁめぇぇしぃぃゃぁぁぁ」

「…ウラ…メシヤ…。…あぁそうか。親切ってやつか?ただ別に腹は減ってない。本屋は何処だ?」

「…うぅぅらぁぁぁぁめえぇぇぇしいぃぃやあぁぁぁ」

「なんだ?これが俗に言う『ナンパ』か?…真っ白な服に奇妙な頭巾…センスが無いな。名も名乗らんか。」

「………うぅぅぅらぁぁぁぁぁめぇぇぇぇしぃぃぃぃぃやぁぁぁぁぁ!!!」

「五月蝿い!あぁ分かった。アンタのような強引な女は人生に有利だな!付き合ってやる!案内しろ!」

「………ぅぅ。」(成仏)

「…?何処だ?チッ…人を誘っておいてその態度か……無礼者だな…俺は帰る。」



……コイツ、出来るッ!
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://worldy.blog76.fc2.com/tb.php/15-cb83b4a9

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.