Worldias Chronicle(邦題:ツンデレ戦記)

株式会社トミーウォーカーのPBW『シルバーレイン』のキャラブログ。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Neva mind Without Neva lose

「…またか。もう負けは許されないと言うのに…」

今日、運動会があった。我が9I薔薇連合は滑り出しからまぁ上々、途中応援歌に駆出されたが、棒倒しまでは4位と、目立つ事も無い。

戦いとしては良い仕上がりだった。

棒倒しが終わってみると、8位。全部で9つの連合があるうち、8位だと?ははは。

思えば、原因は多々ある。徒競争では1位を取れず、玉入れでは二桁得点に至らん。

肝心な棒倒しですら、一度目は失敗、二度目は辛うじて…三度目、成功したには成功したが、俺の力ではない。

「ダメだ…勝たねば。…記録の上でベストでは無い。戦略の提案も甘かった。Shit! Bloddy...」

考えれば考えるほど、後悔と自責の念は高まる。鼓動が早まり、耐え難い遺憾の念に震える。

「星が綺麗だな。…人は功績を残して死ぬと、星になる。……この中にどれほどウィルウォードの英霊がいるか…」

向こうではキャンプファイアーの準備をやっているらしい。明かりと喧騒がうざったい。

「……こんな所にいたのですか。ウィルウォード。」

このまま眠ろうとしたら、後から声をかけられた。

「…アンタか。どうした?カードまで持って。大方、俺の知らん所で逆恨みでもして、殺しに来たか?、」

そう言って、ウィルウォードは霜月・神無(高校生霊媒士・b04161)の方を向く。

言ってる事が割と当たっているのは、そういう経験に遭うのに慣れてしまっているからであろうか。

「えぇ。貴方が無遠慮に言い放った事の訂正を…求めに来ました。」

「あぁそうか。なら訂正しよう。何か知らんが悪かった。傷ついたなら謝罪しよう。本心じゃないから許せ。」

……どう見ても気持ちが篭ってないが、かといって今、この男を痛めつけても効果が薄い。そう悟ったのだろうか。

「何を悩んでいるかは知りませんが、今の貴方には価値も意味もありません。ただの有機質の塊に興味は無いわ。」

--五月蝿い…

「考える事すら面倒ですが…小さなプライドに埃が付いた程度で傷心し、自らを慰める事で保っているのでしょう。」

--喧しい…

「言っておきますが、過去を背負い、乗り越えたのは貴方だけではありません。自分を『特別視』するのは甚だ勘違いです。」

--あぁもう…黙れ…!



殺意の篭った目で飛び起き、イグニッションしようとするウォルディ!しかしそれは、目の前で刃を突き立てるスケルトンに阻止された。

「…でも、ウィルウォードに謝罪をしてもらわないと困ります。私の『小さなプライド』にも埃が付きましたから。」

神無は、そのままイグニッションを解き、振り返った。そして帰りざまに言い放つ。

「貴方ではない。ウィルウォードに伝言をお願いします。『訂正をしなさい。』と。」




………少し眠ったようだ。…キャンプファイアーは始まろうとしている。…まぁ、どうでもいいが。

立ち上がり、何処か一人になれる場所へ向かおうとすると、マイト・ミツルギ(高校生魔剣士・b08065)がやってきた。

--こいつも同じ連合だ…俺の失態で敗者の汚名を着せられた。…俺のせいで敗北を刻み込んだ…

後ろめたさゆえ、目線も合わせず、そのまま帰ろうとしたが。唐突に、顔面に拳が飛んできた。

間一髪、のけぞり交わし、そのまま蹴りを放とうと思ったが…飛んできた拳の先に、手紙があった。

「馬鹿から手紙を預かった。読むかどうかはお前に任せる。」

………

「---確かに届けたぞ。」

………なんださっきの根暗女は。なんだこのチビは。なんだあのデカ女は……揃いも揃って、二人称かよ。

「All Right Thanks.」

そう呟きながら、手紙をポケットにしまい、『場所』に赴いた。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://worldy.blog76.fc2.com/tb.php/13-8bc3e834

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

いやー実を言うと、棒倒しが終わった時点で私用が出来まして、上手い事時間を潰すロールプレイングとして落ち込んでるのが一番良かったんですが、いやはや、みなさん予想以上に熱いプレイでビックリ&タノシー&感謝感謝なのです。

PS,霜月さん勝手に使ってすみません;;丁度いい感じだったんで拝借しました。やめろゴルァってなら手紙くださいまし。

ところで、マイトさんと祐希さんの間柄って何なんでしょうね?気になります。

  • 09/10/2006
  • W.Wの中の人 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
バレバレですが中の人共ど(ry

『ただ単に席が隣同士なだけです』
『転入初日に結社棟裏に呼び出されたがな』
『…ミツルギィィィッ!!!』
『────やるか?』

────ようこそ、この素晴らしき惨殺空間へ────

こんな感じのバイオレンス。
日本語不自由だった天然セメントが第一印象最悪だったらしく。
以後、クラスメイトとして付き合いつつも三日に一回は血を見る真っ赤な関係です。
殴り合いが互角なので信頼関係は有るようですが(それなんて漢同士?)今の所それ以外の歩み寄りは見られません。

1stと3rdが同じクラスになったので一瞬で思いついた設定とかじゃナイデスヨ?

  • 10/10/2006
  • マイトの中の人 ♦qleUZF9k
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.