Worldias Chronicle(邦題:ツンデレ戦記)

株式会社トミーウォーカーのPBW『シルバーレイン』のキャラブログ。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Knight's Sunrise Ⅱ

彼は読書が好きだった。知的好奇心が非常に高かった。また、言葉遊びに執心し、特にRhyming(韻文詠唱)に関しては、暇さえあれば口ずさむ有様だった。故に、彼の両親が亡くなってからも、一人で本を読んだり、身の回りの疑問符を一つ一つ消していく事が苦ではなく、むしろ好んでやっていた。


理由の一つに、おぼろげな記憶の中、「ウィルウォードの騎士」としての身近な目標であった父がいた。もちろん、彼の父は彼が4歳の時に日本で亡くなっている。彼が生まれてから、父は母と共に度々日本とイギリスを行ったり来たりしていたので、父と一緒にいた時間や、記憶はあまり多くは無い。しかし、だからこそ彼は幼いながらも、父の振る舞いや雰囲気、言動の端々に、黄金の誇りを感じる事が出来たのだろう。


しかし、物心着く前、いや、着いた頃にいなくなった。そして、彼の追うモノは、共に成長し、衰退し、やがては追い抜くハズの父親ではなくなった。自分には到達できない領域にいる存在。いくら自らが成長し、例え当時の父を抜いたとしても、彼の中にいる「自分では触れない父」は決して越えられない。つまり「伝説」になった。


元々体格の良い体つきでは無かったが、姉の薦めや、彼の目標もあり、運動もそこそこはしていた。中々にしなやかな体つきで、人並み以上に運動能力もあったが、小学校(と言っていいものか疑問だが)に入るまでは、格闘術や喧嘩は下手糞だった。


そんな彼が、小学校に入学し、エリートが一同に集うクラス内「優等生」の地位を確立するのは時間の問題だった。ただし、彼にはほとんど友人は出来なかった…が。

「おいウォルディ!鬼ごっこやろう、ぜ……まぁた本読んでんのかよ?何々?…クラウゼ…ヴィッツ…?誰?」
「………」
「ウォルディアス君!今日はボクの家でパーティがあるんだ!ボク達の威光に肖ろうと、美しいお姉さんや整ったジェントルメンが寄って来るよ。イバり放題だ。当然、キミも来るよね?」
「………」
「ウィルウォード君~こっち来て一緒にお昼食べましょう~。私たちと嬉し恥ずかしで楽しくお喋りしながら~。」
「………」


……何故か友達が出来ない彼だったが、嫌われはしなかった。同じ班になれば面倒な仕事は全部やる。頭も良いし、体育も出来る。特に後者は女子に大幅なイメージアップだ!そして、彼は、基本的に本のむしとなり(とはいえ、彼が読んだ本にはもれなく注釈やサインがしてあり、また個別のノートまであった。流し読みではなく、文字通り全てを吸収したのである。)小学生活も後半を迎えたのだった。

...続きを読む

スポンサーサイト

たいいくさい

全く。本当に日本人は祭りが好きだな。何でも祭りにすりゃ良いと思ってる節があるだろ。
文化祭、体育祭、芸術祭に音楽祭。そういやテスト前後も祭りがあったな。クラスの奴が連呼していた。

「先生、何とかしてくだ祭」
「自分でしっかり勉強しな祭」

…全く、本当に日本人は…

...続きを読む

The Knight's SunriseⅠ

-ウィルウォード家は戦争によって財を成して来た。
それは一騎当千の武勇、または時は神算鬼謀による計略、或いは厳格に統率された用兵…によるものである。
人間、誰しもが何かの「神からの贈り物」を持っていて、そしてそれは遺伝子による系譜と深い関わりがあるとされている。
もしそうならば、この系譜ほど、戦争に祝福された血筋は稀であろう。


「うーちゃん!もう死んじゃったけど、お父さんもお爺さんも、私達のご先祖様はずっとここで学んでたんだって。私もここで学んでる。だから、うーちゃんも今日から、この学校に行くんだよぅ。」

後ろにいるのはメイドだろうか。保護者代わりの優しげな女性を従えた、二人の子供がいた。
年齢、外見からは想像もつかないほどしっかりした少女、それに連れられておずおずとやってくる、少年、というより幼児と言った方がいいかもしれないが、その二人が門をくぐり、「入学式」と書いてある、大きなホールに向かった。


-ウィルウォード家の血は戦争の才能がある。しかし、「才能」というのはその技能の上限を何処まで伸ばせるか、であり、技能の下限を保障してくれるものではない。
それを知っていたウィルウォードの血は「贈り物」を飾る事はしなかった。騎士の誇り、血の求め、その両方に応える事は容易ではない。
容易では無いが故に、自己の努力はもちろんの事、常識を変えてまでも到達することに、この血は何の躊躇いも、途惑いも無かった。



「諸君、入学おめでとう。栄光ある未来に向かって、諸君ら同士、学びあい、競い合い、励ましあい、高めあって欲しい。昨今、われわれを取り巻く環境は複雑化し、より世界的な社会的価値観を……」

ここはいわゆる小学校である。とはいえ、決定的に違う所があった。ここには銃がある。ここには弾丸がある。ここには爆弾がある。ここには戦車がある…
そう。ここは、士官学校付属の小学校。幼少より血と硝煙の匂いを嗅がせて、より質の高い将兵を作り出すための、非公式の学び舎である。
国際世論の非難を防ぐため、公には普通の小学校と変わらない。しかし、貴族家や王族家までも入学し、軍学や外交学、帝王学を学ぼうとする。
低学年のうちに何倍もの密度とスピードで一般知識を詰め込まれ、中学年では軍事的な知識を徐々に教わる。高学年になれば、本格的な訓練や、実際の戦場での実地訓練を教わる。
小学校とは思えない、狂気の沙汰と思われるこのシステムも、いわゆる一本のエリート街道なのである。


-学校と言うものが無かった時代、ウィルウォードは自ら、祖父から父に、父から子に、物を教えていた。
専ら戦争やその周辺の知識ばかりではあったが、その厳格さは、投げ出したが故に捨てられ、途絶える分家が多々存在した事からも容易に想像出来る。
そして、現代になり、合理化が進み教育制度が整えられたが、血の姿勢は変わっていなかった。普通では到達出来ない事を成すため、当然と常識を逸脱する。平然と篩いにかける。
それがこの「血」においての常識であり、唯一の教育だった。


そして彼は入学し、この「狂った教育」に耐えた。いや、耐えただけでなく、全てを吸収した。
ほとんど唯一の学習期間である6年間の小学教育の中で、やはりWill Wared(戦争う者)の片鱗を見せていた。

The Heritage.

姉さんが、死んだ。

まだ12歳の彼はそれを認める事が出来なかった。
いや、理解はしていた。納得もしていた。ただ、認めたくなかったのだろう。
彼と最後に交わした言葉は約一ヶ月前、新年を迎えてまだひと月ほどに遡る。



「ねぇ、うーちゃん。私、明日から日本に旅行に行くんだ!羨ましいでしょぉ!? ハラキリ、ゲイシャ、ニンジャにサムライだよぅ!」

「うるさいなぁ…旅行でも何でも勝手に行けばいいよ。…俺は学校があるから行けないの知ってて嫌がらせなの?」

- 快活な姉に、少し背伸びした弟。兄弟構成としては上々の設定である。ただし、彼らには親がいない。否、彼らには『もう』親はいない。そして、有象無象の莫大な「遺産」は、彼らに「敵」と「味方」、「自由」と「責任」の存在を教えた。

「にゃはは♪うーちゃんも大人になったねぇ!あ、妬いてる?大丈夫大丈夫!友達と行くのです!そこらへんの野郎に興味は無いよ♪」

- 英国の騎士、ウィルウォード家。起源は定かでないが、おそらくは中世以前より存在したのであろう。古代ローマの英雄、ユリウス・カエサルの言葉、「Veni Vidi Vici」が家訓である。古き歴史と血塗られた戦功は財産、名声、伝説…そして子孫となり、確かに在った事の証明になる。彼らに流れる血にはそれに相応しい気高さと、品格を求められる。

「なんなんだよ!自慢したいだけなの?自慢ならメイドさんにでもすればいいだろ。炊事洗濯掃除に家庭運営まで姉さんがやっちゃうんだから、メイドさん、する事が無くてプラプラしてるじゃないか。」

- 騎士。というのは爵位であり、現代ではほとんど敬称としてのステータスシンボルで以外はありえない。故に、社会的な利益や特権は何も無い。尤も、ウィルウォード家は野心家では無かったので、権利や物欲に興味を持たなかった。故に、野心家達の陰謀や争いを免れ、今現在、爵位家としての一般的な「富豪」の地位に就いているというのは皮肉な話だが。

「うーちゃんに聞いて欲しいのぉ~!炊事洗濯なんてついでよ。ついで!実力を伴わない金持ち貴族になるつもりは無いわ!クールでカッコイイ騎士になるのよ!うーちゃんもね♪ …それでね…だから、私はいなくなるのよ。明日から…だから」

- しかし、彼らはその「飾り」に拘った。「装飾」が持つ「魅力」にではない。「誇り」に拘った。ひたむきに向上し、ひたすらに前進する。見せびらかして驕るわけではなく、かと言って荷が重いと言って捨てるわけでもない。その血統、その誇りを背負い、自らの物にしても恥じぬよう、心無い他人に分不相応だと言われる事すらも無いよう。

「ああもううるさいなぁ!勝手に行けばいいよ。家の事は大丈夫。メイドさんもいるし、俺だって出来ないわけじゃない。姉さんもいちいち気にせずに、楽しんだらいいよ。 んじゃ、俺は上で勉強するから。」

- 事実、彼らは努力した。年端も行かぬ騎士は学びに学んだ。机上の空論にも学び、精神論すら取り入れた。砂漠の中のコンタクトレンズも見つけるまで探し、年齢や体格、人生の長さの不利は、さながら原液のように濃縮された学習、鍛錬で補った。ほほえましい背伸びから、痛々しい身体の傷まで、全てがそれを物語る。

「あっ!うーちゃん!待って!……………仕方ないなぁ………もう………」

そして、二人の騎士は永遠に別たれた。

残された少年が何を想うのか、知る術は無い。
しかし、どのような感情であれ、彼の人生を大きく決定付けたのは確かだ。
何故なら今ここに、ウィルウォード家の「血統」が、「誇り」が、「意志」が、確かに「在る」のだから。

ふんっ

とりあえず、自己紹介だ。めんどうだが、わざわざこんなところに来た奴をそのまま帰すのは癪だからな。
【名前】

ウォルディ=ウィルウォード Worldy=Willwardだ。後はプロフィールを見ろ。
【職業】

日本の学歴で言うと中学3年。白憐蟲×魔弾術士だ。

【性格】

…俺の性格を知らん奴がここに来るか甚だ疑問だが…一言で言えば、超偉そう。らしい。皮肉屋だな。

【何人?】

英国だ。経緯などは後ほど詳しく言うが、イングランド、スコットランド、ウェールズと、英国内では幅広い家系を持っていた。

【ぶっちゃけギルガm】

五月蝿い。

【何処に住んでるの?お金持ち?】

一応寮だ。あまりそこで過ごす事は無いがな。
裕福とは言えん。だがまぁ後述するが、生活には困らんだけの金がある。

【本当に裕福とは言えん?黄金律はA?金p】

五月蝿い。

【戦闘スタイルは?】

知能戦が得意。というよりも職業的にそういう立ち回りを求められるだろうからな。周りの環境と情報をよく掴んで戦っていくつもりだ。

【本当に?ビュンビュン刃物飛ばしたり乖離させたりは?】

五月蝿い。

と、言う事で。

みなさんやってるのでやってみました。キャラブログです。

ロールプレイ楽しすぎwっうぇwwwwな背後としましては、あまりこの「背後の言い訳」はしない方向で行きます。とりあえず、挨拶なのです。
でわでわ、末永くお付き合い宜しくお願いします。


あ、リンクとか無断でOKですんで適当にしてやってくださいな。

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。